中古船選びのポイント

中古船の選び方について

中古船はその安さが魅力です。しかし安かろう悪かろうではこまります。新しいものに比べると中古船は確かに耐久性も落ちていますし、経年によって確実に変化は進行しています。
ただ、前のオーナーの使い方やメンテナンスによってその劣化具合は確実に違います。良い状態で使われてきていたものであれば新しいものに劣らないほどの良さがあるのです。
まずは総予算の上限をきちんと決めましょう。専門誌やネットで調べれば相場が分かります。保管料やメンテナンス料など購入後も費用はかかります。それも見越した上で金額設定し、その中で条件に合うものを選びましょう。
目当てのものが見つかったら必ず自分の目で実物を見て確認することが大切です。専門誌などにもチェックポイントは掲載されていますし、何よりその船を扱っているお店の雰囲気が分かるので大切に扱っているかどうかが見えてくるでしょう。
アフターケアも含めて行なってくれる信頼できるお店選びをするようにしましょう。
配送料についての確認を行なうとともに、船を買った後の保管場所やボート保険などランニングコストについても検討してから選ぶようにしましょう。
どのように使うかによって必要となってくるパーツなどもあるでしょう。

大型ヨットの中古船選びのポイント

中古船選びのポイント 大型のヨットを新艇で購入するとなると、かなりの費用が必要です。そこで、中古船という選択肢が出てきますが、何を基準にするかがぼやけていると、後々不便に感じてしまいかねません。
まず、有る程度の大型ヨットになると、クルーが必要になってきます。しかし、一人で乗りたい事が有るのなら、自分ひとりで扱えるようでないと、返って疲れてしまいますし、危険でも有ります。
現在の自分の体の状態だけでなく、数年後の体力なども考えて、仕様を決める必要が有ります。中古を探す方で有れば、すぐに手放す事など前提には考えないでしょう。
そして、選択の基準ですが、好みによって、メーカーで選んだり、設計会社で選ぶと言った事も有るでしょう。それぞれに得意とする分野が違っていますので、好みが特に無いのであれば、用途から探す事になります。
中古船を選ぶ時は、上架して、ボトム、ラダー、バラストの確認をして、キャビンからエンジンまで細かくチェックします。しかし、最も決め手となるのは、決める本人が気に入るかどうかです。
極めて感覚的ですが、これは買ってからしか分からない部分が大きいので、仕方ないところでも有ります。
最低限、安全に乗れる、とさえ確認出来れば、どのような船を選んでも、その人にとっては、良い選択という事になるのではないでしょうか。

「中古船」関連リンク

全国の優良中古ボート販売店を紹介するサイト

中古船検索